栃尾みみ・はな・のどクリニック

お知らせ

2019/02/08 インフルエンザと風邪の違い

爆発的な流行で世間を騒がせている「インフルエンザ」。新潟では日本の中でも二番目に多く流行しています。今年の冬は昨年と違い大雪に見舞われていませんが、暖かい日と寒い日の寒暖差が非常に大きい日が続いていました。気温の大きな変化は体調を崩してしまう原因の一つです。また、体調を崩すと流行しているということもありインフルエンザを疑ってしまうかもしれません。しかしながら、普通の風邪である場合もあります。

インフルエンザは感染して潜伏期間を過ぎてから急激に体調が悪化してきます。主に38℃以上の高熱や倦怠感、関節痛などの全身症状が起こります。一方、普通の風邪はインフルエンザと比べると軽度の発熱、喉の痛み、咳、鼻水など比較的軽い症状がみられます。
このような違いがありますが、どちらも“病”です。
ご自身でインフルエンザなのか風邪なのか判断せずに少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

2019/01/15 1月30日の受付時間のお知らせ

1月30日(水)…受付時間16:30まで

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

耳鼻咽喉科・アレルギー科
栃尾みみ・はな・のどクリニック
0258−53−0033

2019/01/10 扁桃炎

風邪薬を飲んでものどの痛みが続く場合は「扁桃炎」の可能性が考えられます。扁桃とは、のどちんこ(口蓋垂)の脇の部分のことを指します。
この部分はウイルスや細菌などから体を守る役割を持っています。しかし、風邪や疲れ・ストレス、気温の急激な変化、喉の乾燥などにより扁桃腺に付着したウイルスや細菌が増殖すると、炎症を起こし腫れてしまいます。寒い中、外に出たり暖房のついた部屋に入ったりするこの時期には気を配る必要があります。
扁桃炎の症状には、のどの痛み・息苦しさ・物を飲み込みにくい・発熱・リンパ節の腫れ・倦怠感・頭痛・耳痛、などが挙げられます。
腫れている状態のままにしていると、炎症部分が周囲に広がった「扁桃周囲炎」や、扁桃の周りの隙間に膿が溜まる「扁桃周囲膿瘍」、さらにはのどの奥の腫れである「喉頭浮腫」にまで悪化して呼吸困難に至る可能性もあります。
扁桃炎が疑われるようでしたら、症状がひどくなる前に早めの受診をお勧めします。
喉の痛みや倦怠感から、食欲がなくなる場合が多いですが、ヨーグルトやゼリー、バナナ、アイスクリームや冷製スープ、冷ましたうどんなど喉越しのよい食べ物を少しずつ食べて下さい。
また、発熱するため汗をかき、放っておくと脱水症状になることもあるため、水分もこまめに摂るように気をつけてください。
予防法としては、細菌やウイルスによる感染を引き起こさないことが大切です。手洗いうがいや、十分な睡眠、バランスの良い食事を心がけ、ウイルスに負けない体づくりを目指しましょう。

少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

前へ 次へ

診療時間

月曜日から土曜日まで午前中は9時から12時、午後は15時から18時、ただし、木曜日・土曜日は午後は休診です。日曜・祝祭日は終日休診いたします。

栃尾みみ・はな・のどクリニックのアクセスマップです

住所:〒940-0225 長岡市仲子町8-27 電話番号:0258-53-0033

地図拡大・印刷

ページの上へ

栃尾みみ・はな・のどクリニックの外観・内観写真です。

ページの上へ