栃尾みみ・はな・のどクリニック

お知らせ

2016/02/09 「花粉症には早めの対策が大切」

今や4人に1人は花粉症。スギやヒノキなどの花粉によってくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー症状が出ます。花粉症の生じるしくみを知って、早めの「花粉症対策」を心がけましょう。
私たちの体では、花粉が体の内に侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE 抗体というものが作られ、そのIgE 抗体は肥満細胞の表面に付着します。再び侵入してきた花粉がIgE 抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのです。

新潟の春のスギ花粉飛散開始予測は、2/25頃となっています。ただし、スギ花粉は飛散開始前から、わずかな量が飛び始めます。2月下旬に飛散開始が予測される地域では、1月下旬から2月上旬のうちに花粉対策を始めるとよいでしょう。

症状が出る前から、薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげることができます。また、初期療法は早期に症状を改善させることもでき、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすこともできます。

何か気になる症状がございましたら、重くならないうちにお気軽にご相談ください。

2016/01/25 「2016年の花粉予測」について

2016年春の花粉情報が「日本気象協会」から発表されました。
スギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本では例年より早いところが多く、北日本では例年並みの見込みです。

新潟の春のスギ花粉飛散開始予測は、2/25頃となっています。ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月下旬に飛散開始が予測される地域では、1月下旬から2月上旬のうちに花粉対策を始めるとよいでしょう。

また、2016年春の花粉飛散数予測(前シーズン比)で見てみると、昨年並みとなっています。花粉症のシーズンは主に2月からですが、1月でもスギ花粉が飛散しています、 本格的な飛散が始まる前に、症状が現れたら早めの花粉対策をすることでシーズン中の花粉症の症状が軽く済ませることが出来ます。

何か気になる症状がございましたら、症状が重くならないうちにお気軽にご相談ください。

2016/01/25 1月25日診療時間変更のお知らせ

大変申し訳ありませんが、本日大雪のため
診療時間を16:00までとさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


耳鼻咽喉科・アレルギー科
栃尾みみ・はな・のどクリニック
0258−53−0033

前へ 次へ

診療時間

月曜日から土曜日まで午前中は9時から12時、午後は15時から18時、ただし、木曜日・土曜日は午後は休診です。日曜・祝祭日は終日休診いたします。

栃尾みみ・はな・のどクリニックのアクセスマップです

住所:〒940-0225 長岡市仲子町8-27 電話番号:0258-53-0033

地図拡大・印刷

ページの上へ

栃尾みみ・はな・のどクリニックの外観・内観写真です。

ページの上へ